お腹が張っている時に効果があるマッサージ方法

「の」の字マッサージ

おへそを始点としてお腹に「の」の字を書くようにしてさすります。大腸の流れにそって押し出すように「の」を書くようにします。向かい合った人から見て「の」の向きになるようにするのが正しいやり方です。

横になって行うガス抜き

1.体の右側を下にして腕枕した状態で横になる
2.枕を右わき腹の下に当てる
3.左手で右わき腹を持ち上げるようにマッサージする(一分程度)
4.体の左側を下にして左わき腹も右わき腹同様に持ち上げてマッサージを行う
5.あおむけになり、両手で下腹部をさするようにマッサージする(一分程度)
6.うつ伏せになり、お腹までしっかり深呼吸する(一分程度)

ゴロゴロ転がる

寝起きや寝る前にゴロゴロと転がる事でお腹のガスを移動させます。右回りと左回り、どちらも行います。左右5~10回程度、自分の気持ちが良いと思えるペースで行います。

お腹の張りに効果があるマッサージを行う際のコツ

お腹の張りを解消するマッサージにはいくつかのコツがあります。一つは行うタイミング。ベストなタイミングは朝で、腸の働きが活発になりやすいため効果的です。

二つ目はマッサージ方法の選び方。便秘や停滞便でガスがたまる場合は夕方にお腹が張る事があります。その場合は前述の「横になって行うガス抜き」がおすすめです。

マッサージを行う際の注意点

食後1~2時間はマッサージしない
消化を行っているタイミングでマッサージは避けます。吐き気などの原因となる事があります。

強い力でマッサージ・無理は避ける
強い力で押したり痛みを感じたりする場合はマッサージを避けましょう。