血糖値が気になる人におすすめの運動は?

どの程度運動すればいいのか?

運動はできれば毎日、少なくとも1週間のうち3日以上行う必要があります。最近の研究では、1週間に合計150分以上の運動を行うと効果的だといわれています。

参照: e-ヘルスネット(厚生労働省)

個々の運動の継続時間としてはウォーキングなどの有酸素運動は最低20分以上続ける事が必要
となります。

エネルギー源として糖と遊離脂肪酸の両方が利用される中等度「ややきつい」と感じる程度の運動強度(心拍数が100-120拍/分、最大酸素摂取量の40-60%)あるいはそれ以下の強度が適切です。

参照: e-ヘルスネット(厚生労働省)

20分以上続ける事が容易な有酸素運動の例は以下の通りです。
・ウォーキング
・ジョギング
・水泳
・自転車

これらのポイントとして「体の中の大きな筋肉を使う運動」という点が上げられます。
これ以外の運動を探す場合、特に大きい筋肉のある下半身を使う運動がおすすめです。

室内でもできる運動


室内で行う事ができる有酸素運動として手軽な物に「踏み台昇降」運動があります。

段差を上り下りする簡単な運動で、テレビを見ながらでも行え、天候に左右されないのが魅力です。専用の台も販売されていますが5~20㎝程度の高さのダンボール箱の中に古新聞や雑誌などをきっちりと詰めてガムテープで補強しても作る事ができます。

やり方
軽く心拍数が上がる程度の早さで20分以上、上り下りを繰り返します。