カーボカウントについて

元はアメリカ発祥の食事療法で、日本では1 型糖尿病向けとして導入されました。

カーボカウントについてはやり方が2つあります。

カーボカウント基礎編
食品に含まれる炭水化物量を毎食同等に摂取する事で血糖値の変動を一定にする。

カーボカウント応用編

摂取する炭水化物の量に合わせてインスリンの量を調節する。

元々糖尿病向けの方法なので「血糖値を下げる」のではなく「血糖値をコントロールする」という意味合いが強くなっています。正式なカーボカウントの計算方法は「インスリン/カーボ比」など、超速効型インスリンを使用する事が前提となります。本格的に食事療法としてカーボカウントを行いたい場合は、栄養指導をしてもらえるクリニックなどに相談して、指導を受ける必要があります。

食品に含まれる糖質量を手軽チェックしたいという場合はこちらのアプリがお勧めです。

糖質戦争 – 糖質量検索アプリ サポートBlog