医薬品との違い

機能性表示食品や特定保健用食品は、カプセルや錠剤になっているサプリメントが多く、見た目は薬そっくりです。また、身体に良さそうな成分が表示されていることから、薬と同じような効果が期待できると勘違いしている方も多いでしょう。しかし、これらのいわゆる「健康食品」はあくまでも食品であって、薬ではありません。

医薬品は病気の治療のために使用するものであり、製造や販売には厚生大臣や都道府県知事の許可が必要です。薬には処方薬と市販薬があります。処方薬は病院で診察を受けて処方箋をもらい、専門の薬局や病院の窓口で受け取るもの。市販薬はドラッグストアなどで購入し、自分の判断で使用するものです。市販薬の中には、薬剤師の説明を受けてからでないと買えない薬もあります。

健康食品は薬とは違いますが、「食品」だからといって一度にたくさん摂ったり、他のさまざまな健康食品と併用したりという行為にはリスクが伴います。「食品だから副作用は起こらない」と考えるのも間違いです。本来は通常の食事から栄養を摂ることが基本で、それでも足りない分を補うのが健康食品です。

病気は治せない

医薬品が病気の人を対象にしていることに対して、健康食品は健康な人を対象にしたものです。そのため、機能性表示食品や特定保健用食品だけで病気を治すことはできません。また、健康な人でも、健康食品をたくさん摂取すればそれだけ健康になるというわけでもないという点には注意が必要です。