健康食品に付くマーク一覧

特定保健用食品の許可マーク

特定の保健の用途を表示して販売することを消費者庁が許可した食品のマークです。疾病リスク低減表示・規格基準型を含みます。

疾病リスク低減表示:
関与成分の疾病リスク低減効果の科学的根拠が医学的・栄養学的に確立されている場合には、疾病名の表示が認められるというもの。

規格基準型:
既に特定保健用食品としての許可実績が十分であるなど、科学的根拠が蓄積されている関与成分について、臨床試験を行わずに、消費者庁で規定基準に適合するかどうかの審査を行い許可されたもの。

条件付き特定保健用食品の許可マーク

有効性の科学的根拠が通常の特定保健用食品の審査で要求しているレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品に付けられるマークです。ただし、「限定的な科学的根拠である」という表示をしなければなりません。

特別用途食品の許可マーク

妊産婦やえん下困難者、病者などの健康の保持・回復など特別の用途に適するという表示が、消費者庁により認可された食品のマークです。乳児用調整粉乳や高齢者用食品、病者用食品などがあります。

JHFAマーク

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が、健康補助食品に対して設けた規格基準に適合した製品にのみ表示を許可するマークです。

GMP製品マーク

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が、GMP認定工場で適切に製造されている製品として承認されたもの付けられるマークです。GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、「適正製造規範」を意味します。

健康食品の安全性自主点検認証制度のマーク

「健康食品認証制度協議会」から認証機関の指定を受けた協会から、事業者による安全性の自主点検の内容が適正であると判断された原材料が使用されていることを表すマークです。