『脂質異常症(高脂血症)とは?』

脂質異常症とは血清脂質値が異常値を示す病気です。

・悪玉コレステロール(LDL)の上昇
・善玉コレステロール(HDL)の低下
・中性脂肪(トリグリセリド)の上昇

上記の3つの項目のうち、どれかを満たした場合に脂質異常症と診断されます。

脂質異常症は以前、「高脂血症」と呼ばれていました。しかし、悪玉コレステロール値や中性脂肪値と違い、基本的には値が高い方が良いとされている善玉コレステロール値の低下も「高脂血症」と呼ばれていたため、名称とそぐわないことから、現在では「脂質異常症」として名前を改めています。

脂質異常症の基準値

悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪の基準値は以下のようになっています。

血清脂質値正常な人の値
LDL-コレステロール140mg/dl未満
HDL-コレステロール40mg/dl以上
中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl未満

参照記事:日本生活習慣病予防協会

このうちいずれかの基準値の範囲でない場合、脂質異常症と診断されます。

脂質異常症の症状とは?

脂質異常症とは上記のように悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪のいずれかの値が正常値から外れた場合に診断されます。しかし脂質異常症と診断されたからといって、すぐに何らかの症状が現れるということは基本的にありません。そのため、危機感を持ちにくくそのまま放置してしまう人も少なくありません。

しかし脂質異常症を放っておいてはいけません。のちに脳や心臓の重大な疾患につながる恐れがあるからです。脂質の量が多いと全身の血管が損傷を受けている状態になります。これは動脈硬化を発症させる原因となる場合があります。脂質異常症によって生じる恐れがある疾患には動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞や糖尿病、メダボリックシンドロームが挙げられます。