中性脂肪とは

中性脂肪と聞くと、健康に悪いイメージをもっている人は多いのではないでしょうか。しかし中性脂肪は体にとって悪いものではありません。

中性脂肪は人間の体を動かすためのエネルギー源です。主に生命維持のために使用されます。エネルギーとして使い切れずに余った中性脂肪は体内に蓄えられます。食べ物から摂取した糖質や脂質の多くがこの中性脂肪になり、皮下脂肪や内臓脂肪へと変わるのです。

中性脂肪は体内のエネルギー源となるだけでなく、体温の維持や衝撃から体を守る役割を担っています。このように体に重要な働きをする中性脂肪は、私たちにとって必要な栄養素です。

しかし注意が必要な点があります。中性脂肪は適度に摂取する分には問題ありませんが、蓄えすぎてしまうとお腹周りが太くなるだけでなく、「脂質異常症」とよばれる疾患にかかる恐れがあります。中性脂肪の増加は外見と健康の双方に悪影響を及ぼすのです。中性脂肪を減らすためには「糖質」と「脂質」のコントロールが重要となってきます。

中性脂肪とコレステロールの関係とは?

中性脂肪とコレステロールを同じものだと考えている人は意外と多いもの。中性脂肪とコレステロールの関係性は一体どのようなものなのでしょうか。

コレステロールとは

コレステロールとは中性脂肪と同じ脂肪の一種です。コレステロールには「LDL」とよばれる悪玉コレステロールと、「HDL」とよばれる善玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールは肝臓のコレステロールを体全体に運ぶ役割をもち、一方で、善玉コレステロールは体内の血管壁に溜まったコレステロールを肝臓に運ぶ役割をもっています。

中性脂肪とコレステロールの関係

中性脂肪が増加すると善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加します。また中性脂肪の増加は善玉コレステロールの減少を招くだけでなく、中性脂肪を減少させる効果をもつアディポネクチンの減少も引き起こします。中性脂肪が増えれば増えるほど、悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減る悪循環を招きます。

悪玉コレステロールの中にはレムナントと呼ばれる超悪玉コレストロールがあり、このレムナントや悪玉が血管壁や血管に蓄積すると、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。他にも「脂質異常症」の発症や、動脈硬化によって引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞を発症する恐れがあります。

中性脂肪やコレステロールの値が基準値よりも高くなってしまった場合は、放置せず改善に取り組むことが大切です。